タグ別アーカイブ: 紅葉

雨のち大雪、大誤算!ー0030号

鳥取県は11月2日未明から降りだした雨が夕方から雪に変わりました。特に夜は嵐を思わせるほど。夜中に降った雪は大山の中腹では30センチを超えました。二日夜は車で撮影地近くに宿泊し降雪後の撮影に万全を期しましたが撮影しようと計画していたブナの森へ通じる道は積雪のため通行止めに。大誤算!でした。せっかく冬用タイヤまで履いていたのに・・・。残念。しかし、全山雪と紅葉でどこを撮っても「チョー綺麗!」の世界。半日たっぷりと撮影を楽しみました。紅葉と積雪はなかなか撮影できないもので運が良かったです。

大山の紅葉と雪ーEOS5Dマーク2

大山の紅葉と雪ーEOS5Dマーク2

連休中といういうこともあって昼前には大山の環状道路は渋滞すほどでした。道路わきには除雪した雪があって駐車する車も四苦八苦。ほとんどの車はまだ夏タイヤなのです。それにしてもここまで上がってくるとは怖いもの知らず。早朝は冬タイヤの車でさえ事故を起こしていました。混雑は好きではないので麓の羊ハウスへ。ここは日南ハンザキ道場と同じくオオサンショウウオを守ろうという方が提供してくれている僕のベース基地です。ここで濡れた機材やウエアーなどを乾かしながら暖炉に当たって休憩しました。

羊ハウスの暖炉とロッキングチェアーEOS5Dマーク2

羊ハウスの暖炉とロッキングチェアーEOS5Dマーク2

羊ハウスをベース基地に提供してくれている平澤さんはオオサンショウウオを守る山陰ネットワークの代表の方。日夜オオサンショウウオ保護のため走り回っています。


オオサンショウウオ撮影(秋)ー0025号

秋のオオサンショウウオ撮影

秋のオオサンショウウオ撮影

関西でのイヌワシ撮影を終えてから広島を経由し鳥取のオオサンショウウオ撮影地にやってきました。今年鳥取に来るのは8回目です。今回はオオサンショウウオそのものの撮影よりもオオサンショウウオの生息する秋の様子や周囲の生き物の撮影に主眼を置いています。オオサンショウウオは水温が下がるこの時期には動きが悪くなり撮影には向かない時期になります。巣穴でチビサンショウウオを守るヌシも穴から出てこないので撮影できないのです。撮影地周辺の山はまさに紅葉真っ盛り。観光地の紅葉とは違って誰も居ないのんびりとした場所です。その代わり道なき道を走りぬけ車のボディーは傷だらけ。藪をこいで分け入るとこんなにも(写真)美しいオオサンショウウオの生息河川があります。しばらくはここでゆっくり撮影します。