タグ別アーカイブ: 撮影ツアー

あっという間に最終日・カウアイ島編ー0054号

毎日晴天が続きあちこちと撮影している間に最終日を迎えてしまいました。帰宅後みんなで食事を作り一杯やると疲れてご就寝のパターン。まともに新聞のアップも出来ないままでした。帰国前に代表選手を少しアップします。

クロエリセイタカシギ・EOS5D2withEF500mm

クロエリセイタカシギ・EOS5D2withEF500mm

先ずはタロイモ畑の代表選手。クロエリセイタカシギのペア。絶滅危惧種です。カウアイ島の北部のタロイモ畑で良く見られます。結構神経質で撮影はそれなりに気を使う鳥です。

ハワイアンモンクシール・EOS7Dwith70-200mmx1.4

ハワイアンモンクシール・EOS7Dwith70-200mmx1.4

最後は僕の一番好きなハワイアンモンクシール。カウアイ島南部のポイプビーチが観察の有名な場所ですが調査をすると結構色々な場所で見られることがわかりました。ほとんど寝ているので目を開けたところを撮影するには結構長く待機する覚悟が必要です。

ざっくりとした報告ですみません。これからパッキングして帰国の途につきます。

カウアイ島は楽しいですよ。来年はオアフ島とハワイ島を予定しています。


高山の鳥・カウアイ島編ー0053号

真っ青な海から離れ標高1200m以上の高地へ行ってきました。ハワイとは思えない寒さにびっくりす。海岸線は半袖でもここでは薄めのダウンジャケットが必要なくらい。でも空気が澄んで気持ちのいい場所です。このあたりまで来るとハワイの原種の鳥たちにあうことができます。ハワイの鳥の多くは昔外国から人間によって持ち込まれた種が多いのです。もともといた鳥たちは限られた場所でひっそりと暮らしています。

ハワイの原種の鳥・アパパネーEOS7DwithEF500mm

ハワイの原種の鳥・アパパネーEOS7DwithEF500mm


再会しましたコアホウドリ、カウアイ島編ー0052号

コアホウドリに会うためにハワイ州・カウアイ島に来ています。数日間体調不良で動きが悪く苦戦していましたがコアホウドリは青空を飛んで迎えてくれました。キラウエア灯台という場所に行くと風に乗ってコアホウドリが目の前を飛んで行きます。まさにコアホウドリは風と友達です。気温は25度くらい。湿度はほとんど無く長袖一枚で気持ちがいいくらいの風が吹いています。

風に乗って飛んでゆくコアホウドリーEOS7DwithEF100-400mm

風に乗って飛んでゆくコアホウドリーEOS7DwithEF100-400mm