カテゴリー別アーカイブ: 絶滅危惧種

難しい撮影ー0161号

九州は佐賀県でムツゴロウの撮影

オオサンショウウオに続いてまたまた不可思議な生き物の撮影をしてきました。

その名は「ムツゴロウ」。皆さんも名前はご存知だと思います。それと、干潟をピョ~ンとはねている写真を一度は見たことがあるかもしれません。

九州上陸と同時に入梅し、さらには台風までやってくる始末で九州入りして一週間以上撮影が出来ない毎日が続きました。おかげで宮崎、鹿児島、熊本、大分、福岡、佐賀と長崎以外は走破してしまいました。

ムツゴロウの撮影は予想以上に難しいものでした。「例年なら一番ジャンプが見られるはずなのに今年は跳ねないね~!」と地元の方談。でたでた、いつもセリフ。去年まではよかったとか先週はよかったとか、よくある話。目の前にムツゴロウはたくさんいるのにまったく動きがない!これではどうにもならないのです。ジャンプといってもピントを合わせるまもなく、ほとんどあてずっぽう。運しだいの撮影です。工夫の仕様もなく困り果てました。

ムツゴロウの定番のジャンプシーン

これは定番のジャンプシーン。この手の写真はちまたにあふれていて、それこそ地元の方々は素晴らしいジャンプをたくさん撮っています。頻繁にジャンプする年なら何度でもチャレンジできますが、ほとんどノーチャンスではこれで勘弁です。

ムツゴロウの巣穴をワイドレンズで迫ってみました

そこでワイドレンズをつけて作戦変更。じっと待つこと30分、出てきました。ムツゴロウ。巣穴からにゅーっと出てきます。これで晴天なら文句なしだったのですが。

でもかわいいでしょ。オオサンショウウオに通じるものがあります。たぶんもう一度リベンジに九州へ渡ろうかと思っているところです。