カテゴリー別アーカイブ: 哺乳類

アナグマ探査機完成!!-0235号

ブログのアップをだいぶサボっています。

この2か月ほどアナグマ撮影をしていますが手強いのなんの。

今年は子育ての様子の撮影は出来そうもありません。

そこで、巣穴の中を撮影する探査機「Badger1号」を作りました。

アナグマの巣穴の中は複雑にできていて撮影は困難ですが、

探査機に改良を重ねて頑張ります。


Snow Sheep 229号

今 回の撮影はカナダ・ユーコン準州Kluane国立公園です。ここに真っ白な毛で覆われた野生の羊がいます。以前からずっと撮影したかった動物の一つです。 -20度の寒さの中、恋の季節を迎えます。恋の始まりから終わりまでを追って山には入りました。名前は「ドールシープ」と言いますが、雪の中が一番似合う 羊なので僕は「Snow Sheep」と呼んでいます。

1208_DS_2274

Snow Sheep撮影
満点の星空の下に見える山が今回の舞台です。
撮影のはじめに、もう少し近づいた場所から左右2キロメートル、標高差400メートル分の写真を撮って地図を作りました。初めての場所なので最初の1週間は地形を頭に入れて、羊の動きを把握して行きます。
どの尾根がどこへ繋がって、どの斜面が登れて、どこが滑落の危険があるのかなどつぶさに調べて行きます。夜間撮影も考え、真っ暗でもGPSを使って下山で きるようポイント登録もします。羊は毎日移動して草を食べるので夕方の場所や移動方向から翌日の撮影場所を決めて行きます。
これは長野県地獄谷のサルの撮影で苑のスタッフの皆さんから教えてもらったことがとても役立っています。地形を頭に入れたこととで、深夜の撮影もうまく行きました。満点の星空の下で休む羊たちはとても印象的に残る撮影となりました。

1202_D5_4619


かわいいのだけれど-242号

今回の写真はうさぎの赤ちゃん

この赤ちゃん、初めて巣穴から顔を出した瞬間です。

夕方近くお母さんが突然地面を掘り始めたのですが、その後を見ると!

小さな穴が空いていました。

これはと思い地面に寝転び待つこと???時間。

出てきました。超かわいいウサギの赤ちゃん。

ウサギ島に通うようになって4年目。今まで何を見てきたのか?

ウサギは巣穴の中で子育てするものと思い込んでいたのですが・・・・。

地面に掘った穴に隠しているお母さんがいるなんて。観察の仕方が甘かった。

ウサギは穴の中、固定観念がいけないのですね。見方をもっと柔軟にしないと。

反省しきりの取材でした。


たびの旅の途中で梅雨明け-0233号

広島です

今、広島のウサギ島にいます。

神戸でウリ坊の撮影を終え、ウサギ島に移動してきたら梅雨が明けました。

ウサギは暑いのが大の苦手。

木陰から全く出てきません。

そして人間も日中は暑さのあまり撮影不能です。

木陰でくつろぐウサギさん

こんな撮影ができるのもこの時期ならでは。

のんびりウサギもいいものです。

3D動画撮影も引き続き継続中で~す!

 


困ったことに撮影にならない(2)-0225号

今年の子は人懐っこいのか?

天候が不安定でなかなか良い天気になりません。

青空でのんびり昼寝をする姿が好きなのですが。

少し離れて撮影したいのですが今日もやっぱりこんな感じ。

これでは撮影になりません。

今年の子は少し警戒心がなさすぎ!

今日も楽しい悲鳴でした。