カテゴリー別アーカイブ: 野鳥

佐賀にいます-0207号

初めての干潟で野鳥撮影

昨年5月にムツゴロウ撮影に来た時に、冬場は干潟の鳥がすごいと聞き

マイレージで航空券を取ってやってきました。

正直この分野は全くのド素人です。

撮影地を見て回って、撮影時間を見定めてと何もできないまま数日が経ってしまいました。

今日はやっと晴れて撮影日和です。

鳥は見たこともないくらいの数がいます。目の前に生き物さえいれば楽しいです。

明日は雪の予報。雪降りで撮影できるかな?

超いっぱいいるハマシギ!


撮り初めー0204号

自宅でのデスクワークを一区切りさせて、撮り初めに行ってきます!

ちょっと寒そ~ですが、あったか下着も購入したし準備万端?

今年は何が撮れるか楽しみで=~す。

昨冬の小鳥です。今年は鳥もたくさん撮ろうと思います。


セイタカシギは難しい???-0163号

性別の見分けがわからない!!!

ラブラブカップル?それとも・・・

上の写真、先日の九州は佐賀の蓮田で撮影したセイタカシギ。鳥は好きだが判別はからっきしだめな駄目駄目バーダーです。いつも友人の野鳥写真家・戸塚学氏に判別をお願いしているのです。

さてこのセイタカシギ撮影中は絶対ラブラブカップルだと思っていたのですが、左のメスと思われる個体の雌雄に決定的な自信がない。誰か教えて!そしてもしカップルならこの辺で繁殖するのでしょうか?


動物園に行ってきたー0139号

とある動物園に行ってきた。

依頼撮影だったのだが結構苦戦した。動物園はいつも苦戦する。目の前に動物はいるのだがどうもパッとしないことが多い。眠ってばかりいてもいい。たった一頭しかいなくてもいい。不人気な動物でもいい。

動物を伸びやかに見られる展示をして欲しいものだ。行動展示なるものが流行っているが、動物の行動はわかってもその動物が住む素晴らしい自然までは伝わってこないからだ。

伸びやかな動物園が増えて欲しい。

冬晴れの朝・雪の八ヶ岳を背景にハンティング体勢のフクロウ

冬晴れの朝・雪の八ヶ岳を背景にハンティング体勢のフクロウ

生き物を見るというのはその背景をも見るということ。こんな風に見える動物園があったら最高なんだけど。


ちゃぶ~い・長野新潟取材から帰宅ー0135号

1月の取材報告・第一弾新潟「朱鷺にトキメキ」

いきなりつまらないギャグから入りましたが今回の新潟で初めてトキを見ました。

驚いたのは「朱鷺色」の美しさ。雪とマッチしてとても日本的でした。この鳥の繁殖が上手く行き日本各地で美しいトキが見られるようになったらどんなにか良いことでしょうか。

そして、新潟の地元の人たちの暖かさ。みんないい人ばかりでした。皆さんトキを愛していて大事にしています。毎日見に来ている方もいました。せっかく遠くから来たのだらと一番いい場所を空けてもくれました。色々とありがとうございました。

大雪の新潟で思うように撮影地をめぐることは出来ませんでしたが、トキには本当に心ときめきました。

一年で一番美しい季節のトキ_EOS60D

一年で一番美しい季節のトキ_EOS60D

掲載紙情報です

現在発売中の女性ファッション誌「GRAZIA」講談社で6Pの特集を担当しています。

P182から是非ご覧ください。

グラビアやってま~す

グラビアやってま~す


ちゃぶ~い・長野県取材中-0134号

長野もちゃぶいです

日曜日から取材に出ています。

長野県からスタートです。週末からの寒波で長野も寒いです。まだ体がなれていないのでよけい身にしみます。

普通なら地獄谷へ直行しサルの撮影ですが、今回は少し違うものも撮影しようと思い立ち、フクロウ、ニホンリス、ハクチョウと渡り歩いて来ました。今日は安曇野のハクチョウです。夕日の時間はススキがきらきらと輝いてとっても綺麗ですよ。

コーワの新型レンズをテスト中

コーワの新型レンズをテスト中

そして、今回はコーワから発売された新型のレンズのテストもやっています。マニュアルフォーカス、マニュアル露出オンリーで一昔前に戻った感じですが久々のマニュアルフォーカスに燃えています。このレンズを使うといまのAFがいかに進歩していて、機械に助けられているか実感します。マニュアルフォーカスを楽しめる方にはおすすめです。写りはフローライトレンズ使用でばっちりですよ。


クリスマス島報告(2)-0092号

キリバス共和国のクリスマス島はピーク時には500万羽を越す海鳥が繁殖する島というのは何度かふれました。今回は撮影スタイルについて少しお話します。島はとても大きく宿泊施設から一番遠い保護区までは車で2時間かかります。島には10箇所の保護区がありそれぞれに趣や見られる鳥も微妙に違うためポイント選びは何が中心に見たいかによって決まります。トラックの荷台に揺られて島をドライブするのも楽しい体験です。クリスマス島はちょうどスパナのような形をしています。内陸部には外海と1箇所だけでつながっている巨大なラグーンが存在します。残念ながら高い場所がないので飛行機の離発着時にしかその全貌は見ることができませんが・・。そのラグーンの中に無数の島が点在しています。なぜかどの島でも鳥がいるかというとそうではなく特定の場所に集まっています。この島で一番有名なのはクック島。あのキャプテンクックから付けられた名前の島です。この島にはレンジャーと一緒に行くツアーも現地でオーダーできるようです。釣りやダイビングで訪れた人が合間にバードウオッチングを楽しむにはこの場所が最適です。壊れかけていますが日陰に入れる小屋もあります。保護区ではレンジャーの指示に従って動くことになりますが見たい鳥を告げればその鳥が多くいる区域へ連れて行ってくれます。クック島でも縦1km横400mほどあるので場所によっている鳥が少し変わります。

カメラを立てておくと覗きにきたりします

カメラを立てておくと覗きにきたりします

撮影機材ですが今回のメインはEOS5Dマーク2に16-35mm、70-200mmと1.4倍のテレコンバーターです。100mmマクロも少し使用しました。気に入った写真は16-35mmのものが多いです。鳥たちは目の前でびゅんびゅうんと飛びますし人を恐れません。多くの機材を持って歩くと太陽の熱で体がまいってしまいすぐにダウンしてしまいます。機材は最小限にしました。それとスコールの備えて雨具も・・。今回は動画も多く撮影したのでムービー用の三脚と録音セットも用意しました。音声の同時録音にはまだ多くの課題が残りましたがEOSムービーで撮影した映像は予想をはるかに超えた奇麗さです。撮影は朝8時頃宿をお弁当を持って出発。終日撮影して保護区にもよりますが5時から6時頃宿に戻ります。定期便は週一便なので6日間が撮影やウオッチングの時間です。

カツオドリの幼鳥がすぐ側をかすめてゆきます。ワイドレンズの出番です

すぐ側をかすめてゆきます。ワイドレンズの出番です

☆クリスマス島野鳥撮影ツアーのお問い合わせを受け付けています。興味のある方はご連絡ください。info@fukudayukihiro.com

☆海で逢いたい写真展に出展しています http://umideaitai.f-web.jp/

☆鳥取県日南町の日南美術館で写真展が 始まりました

☆スノーモンキーフォトコンテスト2010募集 中


クリスマス島より帰国ー0089号

やっぱり楽しい!鳥の島

太平洋の真ん中の島、キリバス共和国クリスマス島より帰国しました。

2008年7月に続き2回目の取材。ハワイからクリスマス島への飛行機が週一便飛んでいます。しかし、この週にクリスマス島に降り立った観光客はわずかに8人。僕たち以外は全て釣り客。バードウオッチングの人はまったく来ないそうです。ですからどの鳥見ポイントも他の人に会うことはありません。楽しいガイドと一緒に一日中好きな鳥たちと一緒に過ごせる世界でも屈指の鳥島です。

今回は新たなポイントも発見しました。ブルーラグーンの中に浮かぶ鳥のサンクチュアリは一箇所でクリスマス島に暮らす鳥のほとんどが観察できるスーパースポット。

気温30度。日中は強烈な太陽で焼き殺されそうなほど。しかし、湿度が低く木陰はサイコーに気持ちがいい。ラグーンの上に気持ちのいい雲が出たら撮影の始まり。

今回発見したニューポイントで撮影したグンカンドリの親子ーEOS5D2

今回発見したニューポイントで撮影したグンカンドリの親子ーEOS5D2

☆海で逢いたい写真展に出展しています http://umideaitai.f-web.jp/

☆鳥取県日南町の日南美術館で写真展が 始まりました

☆スノーモンキーフォトコンテスト2010募集中