What's New 

「サンタクロースからの贈り物・キリバス共和国クリスマス島の鳥たち」
クリスマス島という名前は1777年12月24日にキャプテンクックがこの島を発見したことに由来します。
クリスマス島と聞いてもきっと何処にあるかすぐに答えられる人は少ないでしょう。
おおよそ西経157度、北緯1度42分の太平洋の真中、赤道直下に位置します。
大きさは東京23区の半分ほどの広さがあります。東へ行くと次には遥か彼方にガラパゴス諸島があるだけです。
クリスマス島は人が住む島としては地球上で最も東に位置し最初に日が昇る場所です。
2000年には21世紀をはじめて迎える場所として注目されました。島民は約3000人が暮らしています。
人々はとてもおおらかで優しい人たちばかり。ゆったりとした時間が流れています。
このサイトではクリスマス島の自然の素晴らしさを紹介してゆこうと思っています。
 PlanetStory 

強烈なソーラーパワー!塩の結晶で覆われたカニが発見されました。
次期シーズン バードウオッチング&撮影ツアー参加募集中

Select Images

■アオツラカツオドリのペア _G5W6388.jpg
■グンカンドリのヒナ _F7L8005.jpg
■ムナオビシロハラミズナギドリ_G5W7250.jpg
■ヒメクロアジサシのヒナ _G5W5585.jpg
■グンカンドリの親子 _F7L7760.jpg
■雨に打たれたヒナ_7196730.jpg

Site Map

ページの内容に関しましては下記連絡先にお問い合わせください
Kiribati@fukudayukihiro.com